FF11つわものどもが夢の跡

不死鳥鯖にいる1ユーザーの記録

お気に入りに追加
エインヘリヤル攻略+α
カテゴリ
未分類 (3)
雑談系 (52)
エインヘリヤル雑記 (30)
第Iウィング (17)
第IIウィング (17)
第IIIウィング (28)
オーディンの間 (29)
シーフ (7)
赤魔道士 (5)
学者 (15)
からくり士 (24)
吟遊詩人 (26)
フェロー (3)
ENM、BC (22)
NM (3)
カンパニエ、ops (22)
ナイズル (6)
ビシージ (8)
リンバス (18)
石の見る夢 (9)
モグ祭り (27)
イベント (24)
ミラテテ (3)
バージョンアップ関連 (25)
攻略記事 (33)
リアルのお話 (38)
他のゲーム (10)
シャントット帝国の陰謀 (11)
MMM (13)
召喚士 (2)
メイジャン (8)
ミッション (3)
アビセア (7)
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

エイン

Author:エイン
エインヘリヤル時々日常
このブログはリンクフリーです
このブログをリンクに追加する

サッチェル使ってもアカウントハックの被害が出てるそうなのでご注意を

罠サイト対策でコメントにttpやcom入ってると投稿出来なくなっています。ブログの紹介などはお手数ですが「ブログ名」でお願いします。

[取り扱ってる画像について]
当ブログで扱っている画像の権利は全てスクウェアエニックスその他の権利者に帰属します。

当ブログにこれらの権利を侵害する意図はありません、権利者からの申し立てがあった場合即刻取り下げます。

[当ブログのリンク集]
不都合があったらお知らせください、すぐに外します。

エインヘリヤル攻略リンク
Beastmen Rule - FFXI
ボスやザコのデータの他、敵の名前の由来や各ウィングのマップまで網羅している神サイト。

WhiteRampart
各ボスやザコの弱点属性の他、各ウィングの戦略がためになるサイト。

Air's museum
取得できる装備の性能や各モンスターのデータ、他のコンテンツの攻略情報も充実しているサイト。

Wiki
基本的な事を知りたければ、やっぱりWikiでしょ。

ペコろぐ。+1
ボスの使用技、挙動などが詳細にわかるブログ。同じ記事でここと違いがあったらペコろぐ。+1を信じてください。
エインヘリヤルブログリンク
その他リンク
最新コメント
FC2カウンター

スポンサー広告 + -- / --/-- [--:--]

- スポンサーサイト -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Com(-) ] [ Tb(-) ]  [ top ]

攻略記事 + 2008 / 06/29 [01:00]

- エインヘリヤル、ドゥエルグ攻略 -
目次へ戻る

ドゥエルグ

Motsognir(ドゥエルグ)

[登場エリア]
第IIIウィング

[ドゥエルグ使用技一覧]
TP技名称範囲効果蝉回避
 ヘルクラップ前方範囲ダメージ+ヘヴィ+ノックバック貫通
カックル敵中心範囲魔攻ダウン+魔命ダウン+魔防ダウン 貫通
ヘルスナップ敵中心範囲スタン+範囲内の護衛を起こす貫通
ネクロパージ敵中心範囲ダメージ+呪い貫通
ビルジストーム敵中心範囲ダメージ+攻ダウン+防ダウン+命ダウン
ネクロペイン敵中心視線範囲麻痺+呪い貫通
鮮血の饗宴敵中心範囲ダメージ+テラー+PCがひるむようになる貫通


[デーモン使用技一覧]
TP技名称範囲効果蝉回避
 ヘカトンウェーブ前方範囲風ダメージ+暗闇貫通
ソウルドレイン近接単体HP吸収1枚 
デモニックハウル敵中心範囲スロウ貫通
コンデムネーション前方範囲物理ダメージ+スタン複数
クアドストライク近接単体物理ダメージ4枚

※コンデムネーションとグアドストライクは確認中

[特徴]
ドゥエルグ+デーモン12体でボス扱い
一匹釣ったらヘイト連動で全部襲ってくる
デーモンのHPはザコデーモンの2倍相当
デーモンとドゥエルグはHP連動
ドゥエルグにはダメージが通らない
ドゥエルグはオートリゲイン(TP増加)あり
デーモンを全て倒すとドゥエルグも消滅する
デーモンはスリプルやララバイで寝るがスリプルだと寝にくい
※裏のデーモンよりやや寝かせやすい程度
ドゥエルグは一定時間ごとにヘルスナップを使用し周囲にいるデーモンを全て起こす

[デーモンの種類と名前]
戦士タイプ
Angantyr・Barri・Hervarth・Tyrfing
暗黒タイプ
Brami・Hadding the Younger・Hrani・Tind
黒魔タイプ
Bui・Hjorvarth・Reifnir ・Hadding the Elder

[使用魔法一覧]
ドゥエルグ:各種IV系、各種ガIII系、スリプガII等
黒デーモン:スリプガII、各種ガIII系

[弱体魔法関係の成否]

魔法名本体護衛魔法名本体護衛
スロウ×スタン×
パライズ×アスピル×
ブライン××グラビデ×
エレジー×バインド×
サイレス×リポーズ×
ディスペル×ララバイ×
フィナーレ×スリプル×



[前衛に必要な命中]
410~420

[弱点属性]
ドゥエルグは無敵
デーモンは光だが、被魔法ダメージ-25%がある。

[倒した場合箱から出る固定アイテム]
魔人のどくろ

[攻略]
普通のザコだと思ったら引き寄せられてボコボコにされる初見殺し、敵の判断が出来ても寝かせ役がどんどん倒されてぐだぐだに、と言った感じで第IIIウィングでは辛い部類に入るボス。

ドゥエルグに必要なのは「慣れ」です、経験さえ積んでしまえば他のボスの時より早く終わらせることが可能(護衛のデーモンがザコ1グループとして換算されているため)

では、基本的な対策を挙げておきます。


【対策1:黒デーモンから倒す】

黒タイプのデーモンは4体います、まずこの黒タイプを倒すことを心がけましょう。

Bui・Hjorvarth・Reifnir ・Hadding the Elder

※参考として私の覚え方を記載しておきます。

無礼な被女はご老人

↓分割

無=Bu(最初の2字)
礼=Rei(最初の3文字)

被女=Hjo(最初の3文字)

ご老人=Elder(名前中の最後の英単語)


【対策2:全員服毒】

黒デーモンとドゥエルグはスリプガを使ってくるため全員服毒です。黒デーモンを倒し終わってもドゥエルグが戦闘PT周辺にワープしてスリプガを使ってくることがあるため常時服毒を推奨。


【対策3:ナイトやシーフの2時間アビを使って戦闘開始】

ヘイト連動、さらには引き寄せがあるため「釣ってキャンプまで持って行く」という行為が出来ません、そこでナイトやシーフなどがいる場合は2時間アビを使用して先陣を切って貰い、タゲを集めている間に寝かせ役がスリプガ等を使って寝かせていきましょう。

なお、ナイトやシーフがいない場合は全員で突入した方が安全です。


【対策4:とりあえず最初は黒デーモンも寝かせる】

黒デーモンから倒すのが一般的ですが、とりあえず最初は黒デーモンも寝かせるといいです、開始直後はほぼ100%魔法使ってくるので、これを防ぐために最初は戦闘予定の黒デーモンであっても寝かせましょう。

また、序盤が一番きついため黒は最初から精霊の印を使ってスリプガ2をした方がいいです。


【対策5:2時間アビは開始時に】(推奨)

デーモンは寝かせてもドゥエルグのヘルスナップで起きてしまいます、そのためいかに早くデーモンを減らすかがカギ、2時間アビ(吟遊詩人のソウルボイス含む)は開始時に使うべきです。


【対策6:2匹目をキープする】(推奨)

大抵失敗する理由が寝かせ役の壊滅です、そこで戦闘を行っているPTやアライアンスが次に戦闘するデーモンに対してブライン、グラビデ、スリプル、バインドなどでヘイトを上げておきます、そうするとヘルスナップにより起床した敵が戦闘しているPCの方へ来るので、これを寝かせ役とは別の戦闘中のPT内にいる赤等で寝かせる。

この対策の利点は「寝かせ役の負担軽減」と「次の戦闘に移る移動時間等が減少する」の2つ。

具体的な例を挙げると、1つのアライアンスで1体デーモンを相手にしている場合にこの方法を使うと、戦闘中の2体+キープする2体の計4体が減り、寝かせ役は8体だけ寝かせればよくなります。

わずか2体の減少ですがこの2体分が生死を分けることがあるためバカにできません。なお、可能ならばキープする敵を2体に増やすなどしてさらに寝かせ役の負担を軽減させることも。

※寝かせ役の負担をLS全体で分散した方が戦闘効率が良くなる。


【対策7:寝かせ役は離れる】

寝かせ役(黒、赤等)を寝かせたデーモン周辺で待機させてはいけません、デーモン起床のトリガーであるドゥエルグのWS「ヘルスナップ」はデーモン周辺にワープして使うため、デーモンの近くにいると巻き込まれます。

ヘルスナップにダメージはありませんがスタン状態になるため、行動不能時間中に起床したデーモンにやられてしまう可能性があります。


【対策8:寝かせ役の生存率アップをはかる】

黒などの寝かせ役はスリプル後、ストンスキンとブリンクの張替え、HPの回復等をしっかり行いHPをフルでキープすること、ヒーリングしてる暇はありません。

また、デーモンから集中攻撃を受けている又は受けそうな場合はスリプガを使うためだけに2時間アビを使うのも効果的です。


【対策9:ドゥエルグ本体をマラソンする】

ドゥエルグはガIII系魔法や範囲WSを連発するため出来るだけマラソンをしてデーモンと戦闘しているPTから離すと戦闘が楽になる。

弱体魔法、挑発で比較的容易にターゲットを取る事が可能で1~2分デーモン周辺から離す事ができる。

なお、マラソンをしてもドゥエルグはデーモン周辺にワープをして「ヘルスナップ(デーモン起床のトリガーWS)」を使うためデーモンの起床を防ぐ事はできません。

そのため、LSによってはマラソンをしないで倒す事もあります。


[参考:私の所属するLSの戦い方]

【死亡者数が一番少なかった時の構成】
戦戦侍赤白詩 戦暗赤コ詩 忍侍侍赤白詩
侍侍竜赤白詩 黒黒黒赤詩 忍赤
赤字は死亡者

【死亡者数が一番少なかった時の作戦】
①ボス前にHP、MPを回復
②吟遊詩人入れ替えによるソウル歌4種
※メヌメヌ+マチマチ
③黒の印スリプガ2で戦闘開始
④忍赤の2名でドゥエルグをマラソン
⑤開始時に各PTの赤は連続魔法を使用して周囲にグラビデ、バインド、スリプルを散布
⑥1PTで1体を相手にする、出来れば黒タイプから
⑦前衛の2時間アビは最初に使う
⑧戦闘中のPTは次に戦闘する予定のデーモンのヘイトを上げておく(赤or詩人の弱体魔法等)
⑧黒はリキャストごとにグラビデ、バインドを使用

上記①~⑧の方法により、黒がキープすべきデーモンを4体まで減らし黒の死亡数0を達成。

※他の視点から検証されたボスやザコのデータを知りたければ、下記リンクから飛べる人気ブログランキング上位「ペコろぐ。+1」が非常にお勧めです。

←ペコろぐ。+1を見に行く?

目次へ戻る

[ comment (0) ] [ trackback (0) ]  [ top ]
- コメントエントリー -

- 投稿エリア -



Pass:  管理者にだけ許可:   

 記事 [ エインヘリヤル、ドゥエルグ攻略 ]  トラックバック

- エントリー -


この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。